利用頻度によって異なる注意点

一定期間利用しなければ止まる

機械式の腕時計を購入するとき、自分でゼンマイを巻くのが面倒だと感じて、自動巻きを選んだ方もいるはずです。しかし、自動巻きといっても本当に自動で巻いてくれるわけではないので、しばらく使わなければ止まってしまうため注意しましょう。自動巻きの機械式腕時計は、日常生活の中で腕を大きく動かしたときに、その力を使ってゼンマイを巻くように作られています。つまり、腕に装着をしなければ、ゼンマイが巻かれないため止まってしまうのです。止まったからといって壊れるわけではありませんが、身につけるときに時間を調節する必要があります。カレンダー付きの機械式腕時計ならば、調節するのにそれなりの時間がかかってしまうので面倒だと思うかもしれません。

頻繁に利用するのなら定期的にメンテナンスを行おう

頻繁に機械式腕時計を利用するのなら、内部のパーツは休みなく動き続けることになります。その結果、劣化をしてしまい時間が遅れたり早まったりしてしまう可能性があるのです。もしも、完璧な状態で使い続けたいと考えるなら、定期的なメンテナンスは欠かせないといえるでしょう。数年に一回、時計職人にメンテナンスしてもらうことで、いつでも完璧な時刻を示す機械式腕時計を身につけていられます。メーカーや街の時計屋に頼めるため、不具合なく利用したいのなら忘れずに行いましょう。ちなみに、革ベルトを利用しているのならば、身につければ身につけるほど、どんどんと劣化してしまいます。汚れるだけではなく、嫌なニオイが発生する可能性もあるので定期的に交換しましょう。