手巻き式ならではの魅力

自分でゼンマイを巻くことが楽しい

機械式時計ファンの中でも愛用者が多い手巻き式時計。そんな手巻き式時計ならではの魅力としてよく挙げられるのが「ゼンマイを操作する楽しみ」です。手巻き式時計には、自分でゼンマイを巻き上げた分しか駆動しないという特徴があります。自動巻きもゼンマイを巻く必要がありますが、自動巻きの場合は手首を動かした時の振動でゼンマイが自動で巻き上がる仕組みになっているので、手巻き式ほど頻繁にはゼンマイを操作することがありません。

このように手巻き式時計は頻繁にゼンマイを巻き上げる必要があるので、ゼンマイを巻く楽しみを感じながら時計を身につけることが出来るのです。人によってはこのゼンマイの巻上げが日課になっていて、ゼンマイを巻くことによってやる気のスイッチが入ると言う人もいるようです。楽しみながら時計を身に付けたい人は手巻き式を選ぶと良いかもしれません。

快適な装着感がたまらない

ゼンマイを巻く楽しみがある手巻き式時計ですが、この他にも魅力が満載です。そのうちの一つが、自動巻き時計には無い快適な装着感です。手巻き式時計は自動巻き時計に比べて時計の内部で使われているパーツが少ないので、重量が軽いという特徴があります。また、ムーブメントがシンプルに設計されているので、ケースが比較的に薄いという特徴もあります。要するに手巻き式は自動巻きに比べてとても軽いので、手首に付けた時の負担が少ないのです。重い時計だと長時間身につけていると煩わしく感じてしまいますが、軽い手巻き式時計ならその心配はありません。長時間身に付けていても重さが気にならず、快適に過ごすことが出来るでしょう。今お持ちの時計の重さが気になる人は、手巻き式時計を試してみると良いかもしれません。